先輩「メモとらないでええで。何回でも聞いてくれ」