普段ケチで気分屋で掴み所の無い彼がやってくれたこと