先生「もうね僕、今日のなんて素敵なお姉さんなんだと感動しまして…ウグッ」