当時、小一だった私はスーパーファミコンが欲しくてたまらなかった。いくらせがんでも買ってもらえなかったので、お手伝いでもらえる10円を貯めたり血の滲むような努力をしていた