小学生の私に手を差し出した謎のオジサンが日本の未来を背負ったあの人だった事が判明、知らなかった私は悲鳴をあげ1kmの距離を逃走したが