それまで男らしくて人気があったA男が、なぜか突然「しょせん女なんて男の庇護がないと生きていけない」など言うようになった