母が珍しい(らしい)品種のツバキを育てているが、昨年のある朝につぼみのついていた1本の枝が根元からものの見事に切られていて母が激怒したことがあった