ワイ、命の電話に掛けようか迷う