意地でも間違いを認めようとしなかった彼。「俺は間違ったことは言っていない」とぐちぐち。面倒くさくて別れた