「親の期待に応えなければならない」というプレッシャーからカンニング用紙が手放せなくなった