カラス達は走ってる自分をじーっと見つめてて私が進むたびに飛んで、電線を進んできた