友人のダブスタ夫 「お前の手に渡ると、何でも不味くなる」