夫の食事に対する考え方にすごく驚いて、ああ、やっぱり他人なんだなと思いました。