俺「さあランチ行きましょう、お嬢様w」 彼女「貴方のおごりね。お嬢様の私が愚民に付き合ってやるんだから」