ずっとウツラウツラしているような状態だった曾祖母が突然「ああ、○○さん、良く来たねぇ。」 とはっきり喋りだしたらしい