あれが母親と交わした最後の会話だと思っている