何もできなかった自分を恥ずかしく思うと共に、あんな風に次は誰かを助けたいなあと思いカキコ。