担任「君に友達出来ないのは仕方ないんじゃない」