新婦「ありがとう!どうしても○○にお祝いしてもらいたかったの~」その横で鬼の様な形相で睨む新郎