深夜に帰宅してドアを開けたら、暗闇に突然人の顔が現れ「ギャアアーッ」と叫びだして、心臓止まるかと思った