彼が妙に飲食についてのこだわりがあって、彼との食事がものすごく窮屈になり、我慢の限界で別れた