25歳くらいの頃、電車に乗ったらサラリーマン風の男性(30前後?)が突然立ち上がり、 私の腕をポンと叩いて席を指差し、「どうぞ」と言ってきた。