本人を目の前にして「あー無いっすねぇー、好みじゃねぇっすw」という最悪な彼