姑『嫁子が、嫁子がぁああ…食われてた、何かに食われてたぁあ!助けにいかなきゃあばばば』