公務員の親父、無職のワイが不安を伝えるとこの時間まで話しに付き合ってくれた