不安が消えなかった俺は、出先から自宅に電話した・・・男『はい、誰?』俺(エ?誰もいないはず…)男『ハハハ、そうか、お前か。会いたかったよ。ハハハ』俺「」