【黒い過去】厳格な父「この花は、私です。窓辺に置きます」押し入れで留守番をしていた私「!?」そこから、父のひとりノド自慢がはじまったが・・・