ある日、本屋に参考書を買いに行ったついでに、宗教関連の本を立読みしていた友人に、25歳くらいの、ちょっときれいなおねいさんが声をかけて来た(再)