私が鼻血を出しても自分の話をし続けた彼