『ら』抜き言葉を注意された後輩が『ら』抜きにならないように徹底しすぎて、上司は注意したことを後悔し始めている