女「ごめん!いけなくなった…。ほんとごめん…」ぼく「気にしないで」