会社のために配偶者である女は犠牲になれ、と当たり前のように言われたことが不愉快だった