私「近いうちに浴槽に彼の頭を突っ込む日がくるにちがいない。」