用を足している時に何気なく上を見てみたら変なおっさんが覗いてた