しっかり者のようで、いつもどこかが抜けている彼