彼『自分の事を恥じないで、ずっと並んで歩こうよ。お前は俺の自慢の彼女なんだから』