「誰の物」という概念が無い彼の家族に恐怖を覚える