家族経営の小さなペンションで住み込みの仕事してたとき、社長の息子が部屋に入ってきて「君に一目惚れした」