「名乗るほどの者ではありません」という台詞を言われる状況に遭遇して本当にキュンっとなった