保育園の頃、一人で留守番中に喉の飴を詰まらせて死にそうっだった