自分という存在が、両親の愛の結晶ではなかったという事を知った