【後編】同じ敷地内の方々に引越しの挨拶の品を渡した翌日、裏のアパートの住民が「私も同じ町内の人間として貰う権利がある」と凸してきた