後輩1人が、繊細(自称)とは名ばかりの面倒臭い味覚の持ち主だと分かった。