死んだひいばあちゃん、落ちてきた焼夷弾を素手で受け止めて、先祖代々の家を守った。