結婚して40数年、90代の姑は、この頃おとなしくなり口数が少なくなった。それでも私の『姑の心のたんつぼ』にされてきたという被害者妄想は年々強くなるばかり。