ある朝、寝ぼけ眼で母のもとへ行くと、母が私の下半シンを指差し大爆笑!→母『ちょwwおまwww』私「え?…何?」→なんと、私の あ る 部 分 が…www