彼女『家庭の事情で遊ぶんのは夕方からでもいい?』