もうトメの顔を見るだけで氏ね氏ね氏ねとしか沸いてこないので、思うがままに叫びました。