寡黙な夫に一目ぼれして猛アタックして結婚したけど、どこかで結婚「してもらった」という感覚が消えなくて