見知らぬ女『※※君?』頷く小学生の俺に、女『大きくなって…お母さんって呼んで』→驚愕の事実が・・・・・・